お役立ち塗装ブログ

blog

お役立ち塗装ブログ

外壁塗装の塗り回数は何回がいいの?3回、4回、5回???

  • 塗装お役立ち

 

外壁塗装の塗り回数は何回がいいの?3回、4回、5回???


 

 

こんにちは。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

岐阜県 安八郡・大垣市・瑞穂市 外壁塗装 屋根塗装の専門店 大橋美装です。

 

塗装

外壁塗装の適切な塗り回数と、塗り重ね回数の違いについてお伝えしたいと思います。

 

なんとなく塗り重ねる回数が多い方がイメージ的にいいような気がしますが、

塗り回数が多ければいいということはありません。

塗り回数を多くすることのメリットはありますが、なぜ塗り回数が多い塗装を提案してくるのか理由を知ることが大切です。

外壁塗装は回数塗りがいいのか

塗装
外壁塗装は3回塗りが基本になります。

 

何回も塗り重なればその分強くなるというものではなく、最も強度を発揮する適正膜厚というものがあります。

その適正膜厚というのが下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りになります。

 

各塗料メーカーのパンフレットに記載されている期待耐用年数は全て3回塗りをした場合の記載になっています。

3回塗りでも注意する点があります。

・下塗りを含めた3回塗りであるか

下塗りをせずに上塗り塗料を3回塗っても下地が悪いままの塗装になるため意味がなくなってしまいます。

 

3回塗装が基本の理由は、最大の効果が発揮できる塗料の塗り回数を、各塗料メーカーが指定しているからです。

 

 

塗り回数が多くなれば費用が高くなる

塗装

塗り回数が増えるということは、それだけ使用する塗料も多くなるので基本的には費用も高くなります。

 

 

中塗り
下塗り → 外壁面と仕上げ塗料の密着度を高めるための塗料を塗る事。
中塗り → 仕上げ用塗料の1回目。
上塗り → 仕上げ用塗料の2回目。
※ 中塗りと上塗りは、ほぼ同じ意味となります。

塗り回数が4回、5回必要な場合もある

塗装

 

環境や劣化状態によっては、メーカーが指定している回数より多く塗らなければいけないことがあります。

メーカーが指定している回数は、安定した状態の外壁に対しての塗り回数になります。
劣化がかなり深刻な場合など状態が良くないとメーカーが出している規定の塗り回数では耐えられないこともあるんです。

外壁の劣化がひどいと下塗り回数が増える?

塗装
下塗りは、仕上げの上塗りの効果を最大限発揮させるためのものですが、

下地の劣化がひどいと下塗り塗料を吸収してしまうため、下塗り2回、上塗り2回の 4回塗装になることもあります。

⇒塗り替えるタイミングはいつ?セルフチェックしてみてください!

⇒最近の施工事例 こちらで施工の一部をご紹介しています

⇒お客様の声

相談・点検・見積り無料でさせて頂いておりますのでお気軽にお問い合わせください。

住所
〒503-0111 岐阜県安八郡安八町西結650-1
TEL
0120-252-594 0584-62-7205
営業時間
8:00~19:00
定休日
日曜日
事業内容
外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修、木部洗い

CONTACT

お気軽にお問い合わせください!

0120-252-594

【受付時間】8:00~19:00 (定休日:日曜日 )

大橋美装では岐阜県安八郡を中心とした周辺地域を対応エリアと
させていただいております。
外壁塗装・屋根塗装などでお困りの方はお気軽にご連絡ください。

もちろん、エリア外でも大橋美装にて外壁塗装・屋根塗装等をご希望の
お客様はお気軽にご連絡ください。